不用品回収業者が回収できるもの

運ばなくていいから楽ちん

自宅の場所を正確に伝えよう

行政とは異なり、どんな家電でも引き取ってくれます。
さらに自宅にトラックが来るので、こちらが運搬する必要がない部分も行政と大きく異なる部分ですね。
大きな家具を回収場所まで持って行く自信がない人は、不用品回収業者に相談しましょう。
連絡をする時に、こちらの住所を伝えます。
わかりやすく伝えることを意識してください。

住所が正確に伝わらないと、不用品回収業者が自宅まで辿り着けません。
余計な時間がかかるので、具体的な目印を教えるのがおすすめです。
すると目印を頼りに、業者は自宅まで到達できると思います。
脇道に入ったところに自宅がある場合は、住所を説明するのが大変です。
大通りまで、業者を迎えに行ってもいいですね。

手伝いができる人は協力しよう

早く作業を終わらせたい人は、お手伝いをしても良いですね、
力仕事に自信があるなら、不用品回収業者のスタッフと協力してください。
家電を分別する必要はないので、何でもトラックに詰め込みましょう。
2階に家電がある場合は、1回へ持ってきて回収する準備を済ませておくのもいい方法です。
すると少しは、時間短縮に繋がると思います。
作業を手伝うのはいいですが、邪魔にならないよう気をつけてください。
室内が狭いと、たくさんの人がいるとそれだけで邪魔になってしまいます。
大人数で動けるスペースがないなら、大人しく作業を見守っていましょう。
スタッフは作業に慣れているので、たくさんの家電があっても短時間で終わらせてくれます。